インターコム / スピーカー

Speakerbusは世界の大手金融企業にてインターコムとフート サービスのパイオニアとして広く認知されています。
スピーカバスは企業内のクリティカル音声コラボレーションに特化した、幅広いレンジのiSeriesソリューションを、お客様の既存ネットワークを使用することによって、低コストで提供しています。トレーダーは、iSeriesソリューションを用いて、グローバル規模で数千人へ対して情報の一斉放送を瞬時に行うことができます。

 

iSeriesインターコム/スピーカーの管理は、iManagerポータルで全てのiSeriesサイト、デバイス、ユーザー設定を容易に行え、特別なスキルは必要としません。全ての端末はロケーションに関わらずiManager集中管理ポータルから行えます。

 

 

主な用途

  • グローバル フートとインターコム
  • フロント、バックオフィス間のトレード コミュニケーション
  • アナリストからトレーダーフロアへの一斉放送
  • TVニュース音声配信 ニュースの共有、アラート、別部署への問い合わせ
  • トレーディング フロアでのグループ会議や価格アナウンスメント
  • グローバル オフィス間でのインターコム コミュニケーション

 

 

 

インターコム

インターコムは瞬時につながる、企業内、サイト間でのリアルタイムでのコラボレーションを可能にします。情報の通知、サポートのリクエスト、アラートの通知やニュースの一斉放送等、通常電話では行うことができない、急を要するような場面にはインターコムが役立ちます。

 

 

1対1コール(ポイント-トゥ-ポイント)

キータッチひとつで相手と会話が行えるので、ユーザーはお互いに声の届く範囲に座る必要がなく、歩き回る必要もありません。

インターコム コールは通常短時間のコールで、容易に再接続できるため、多忙な環境下において非常に有効なコミュニケーション ツールとなります。インターコムは通常は自動アンサーのハンズフリー コールタイプで使用され、別のビルや国で業務を行っているユーザーをつなぐことができます。

 

グループ コール

グループ コールでは、事前設定された会議コールや、ニュース、アラートのシェアが有効に行えます。

グループ コールには、ページング サービスや、アナウンス サービスとして利用するオプションなど、多様な機能があります。最大2500までのグループ コールが設定可能で、グループ コールは、ダイヤルナンバー、スピードダイヤル、ディレクトリから開始できます。グループ コールでの会議はiSeriesインターコム端末を使用して行われ、ユーザーは複数のグループ コールにメンバー登録することができます。

 

ブロードキャスト(一斉放送)

ブロードキャストは、フートとしても知られていますが、常にオープンな状態の音声ラインで、複数のチャネルを用途ごとに設定できます。
ブロードキャストでの会話は、スピーカーまたはハンドセット上で、そのブロードキャストを有効にしている全てのユーザーが聞くことができ、必要であればトークバックも行えます。
オープンボイスあるいは一斉放送とも呼ばれています。

 

 

スピーカー

iSeriesスピーカーは、汎用性に優れ、既存のイントラネットやWAN設備を有効利用できる、高いパフォーマンスと低遅延音声のスピーカーシステムです。iSeriesスピーカーは内部、外部の取引相手との通信に利用でき、緊急一斉放送、多拠点間での会議通話、1対1通話などの用途で幅広く利用されています。

 

 

 

SE708 – 8 チャネル スピーカー/インターコム

 

SE708は多用なユーザー環境でのニーズに応えるためにデザインされた、見やすく使いやすいインターフェースを備えたインターコムです。キー上のチャネル ステータス ランプはイコノグラフィーによって強化され、全てのスピーカー チャネルとスピードダイヤル キーで通信中のステータスを明確に伝えます。

コールのクリア、保留、ホーム スクリーンへのアクセスは物理キーから行えます。SE708は最高クラスのインターコム/スピーカー端末として位置付けられています。

 

iSeries製品のひとつとして、SE708はインターコム機能を、他のスピーカバスのスピーカーや ディーラーボードと共に使用することができ、ディレクトリ、スピードダイヤル、グループ会議機能もサポートしています。

 

SE708のキー ページにスピードダイヤル キーを設定することにより、他のユーザーへの1対1コール、グループ コールを迅速に開始することができます。スプラッシュス クリーンはコールの受信を伝え、また会話中にシングルキー操作で画面から隠くし、スピーカー チャネルを表示することができます。

 

タレットゼロ

電話機(ビジネスフォン)の横にSE708を置くことで、 ユーザーは、フートや専用線アクセスなどのディーラーボード(タレット)の機能を簡易的に低価格で使用することができ、既存のUCプラットフォームへの投資を最大限に生かせます。

 

SE708の8つのスピーカー チャネルは、PLARD(オートマティック リングダウン)、MRD (マニュアル リングダウン)をサポートし、同時に複数の取引相手や顧客とのやり取りを可能にします。
端末上での設定変更も容易に行え、スピーカー/グースネックマイクまたはスピーカー/ハンドセットでの使用をユーザーにて簡単に変更することができます。ユーザー インターフェースは、スピーカーへのラインの割当てや解除を簡単に行え、ディレクトリから登録されているラインを表示することもできます。

 

 

 

iD712 – コンパクト インターコム / 1チャネル スピーカー

 

iD712は、ユーザー中心設計の、ビジュアルを活用したコンテキスト型ソフトキーと、直感的なメニューの、シンプルで使い易いインターコム端末です。ユーザー インターフェースとメニューは,ユーザーが効率的に必要な機能へ、最小限のキータッチで操作できるようデザインされています。状況依存型のソフトキーにより、ユーザーは通話中の状態か端末の設定中かによって、それぞれの異なる機能へとアクセスします。

 

ユーザーは、iD712インターコム上で、音声サービスへのトークバックやチャネルの変更が行えます。iD712では通話中でもバックグランドではスピーカー チャネルがアクティブに保持されます。

 

iD712インターコムでは1チャネル スピーカーの音声サービスをサポートしています。ユーザーは、iD712インターコム上で、音声サービスへのトークバックやチャネルの変更が行えます。iD712では通話中でもバックグランドではスピーカー チャネルがアクティブに保持されます。

 

 

 

iD114 – 4チャネル スピーカー

 

id114iD114スピーカーは、4チャネルまでの音声を提供し、シングルまたは複数ユーザー間で使用できます。iD114はフート、プライベートワイヤ(リングダウン)をサポートし、チャネルごとに音量調整やトークバックが行えます。
また、電話機の横にiD114を置くことで、 ディーリングフォン(タレット)の機能の一部のように簡易的に低価格で使用することができます。